どんな治療法があるの?たるみ治療の種類について把握

たるみ治療について

レディ

メスを入れる方法

たるみ治療には大きくわけて2つの方法があります。その中の1つがメスを入れる方法です。切開し筋膜を引き上げる施術や、原因となる脂肪を取り除く方法などがあります。メスを入れる施術は長期的な効果に期待ができるため、効果を持続させたい人にも適していると言えるでしょう。

メスを入れない方法

たるみ治療のもう1つの方法は、メスを入れない方法です。医療用の糸を皮膚に埋め込みリフトアップする方法が主流ですが、メスを使用する必要がないため、傷跡などが残る心配をしなくて済みます。また、ダウンタイムが短いメリットもあるでしょう。

注射する方法

加齢とともに減少するヒアルロン酸を直接注入したり、ボツリヌス菌を注入したり、必要な成分を外部から注射し補うことができます。注射するだけなので気軽に受けることができ、現在多くの女性に利用されている施術でもあります。

レーザー治療

専用の機械を使用して肌を若返らせることができます。専用の機械を皮膚に照射し肌細胞に働きかけたり、コラーゲンの収縮を促進させたりなど、レーザー治療も注射する方法と同じように、気軽に受けることができるメリットがあります。

実際にたるみ治療を受けた人の評価

鏡を見るのも辛くなくなりました(女性/47歳)

自分の肌に自信を失ってからは鏡を見るのも嫌でしたし、メイクをする気にもなれませんでした。たるみ治療を受けるのが初めてだったので、私は注射治療を選んだんですが、それでも満足いく程の効果を得ることができています。それ以降、鏡を見るのも辛くなくなりました。

広告募集中